基本情報

写真a

松下 道信(マツシタ ミチノブ)

MATSUSHITA Michinobu


職名

准教授

研究分野・キーワード

漢文学、中国宗教思想、道教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学)  東京大学

学内経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    現在
    皇學館大学 文学部 准教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 中国哲学・印度哲学・仏教学

  • 道教

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 松下 道信. 白玉蟾と茶と酒 ―あるいは一道士の覚醒と酩酊― 『学芸 国語国文学』高橋忠彦教授・高橋久子教授退職記念号. 2018.03; (50): 135-148.

  • 恩田裕正,伊東貴之,林文孝,松下道信. 『朱子語類』巻四「人物之性気質之性」篇訳注(一) 中国哲学研究. 2017.07; (29): 53-89.

  • 松下道信. 全真教における志・宿根・聖賢の提挈―内丹道における身体という場をめぐって― 伊東貴之編『「心身/身心」と環境の哲学―東アジアの伝統思想を媒介に考える―』. 2016.03; 353-368.

  • 松下 道信. 「新道教」再考―全真教研究の枠組みについての再検討 『皇學館大学研究開発推進センター紀要』. 2016.03; (2): 65-86.

  • 松下 道信. 牧牛図頌の全真教と道学への影響―円明老人『上乗修真三要』と譙定「牧牛図詩」を中心に― 東方學. 2016.01; 131 34-51.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 竹田晃主編. 『中国文化事典』. 丸善出版, 2017.04 道家思想・道教の歴史・道 (ISBN : 978-4-621-30117-3)

  • 松下道信責任編集,山田俊・長谷部英一訳注. 『中国道教史』(増訂本)訳注稿・第二篇 . 2017.03

  • 松下道信責任編集・訳注,森由利亜訳注. 『中国道教史』(増訂本)訳注稿・第四篇・第五篇 . 2017.03

  • 松下道信. 『丘処機『西遊記』を読む―チンギス・ハンと会った道士―』〔皇學館大学講演叢書第163輯〕. 皇學館大学出版部, 2017.03

  • 松下道信責任編集・訳注. 『中国道教史』(増訂本)訳注稿・第三篇. 2016.03

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 松下 道信. 日本天理図書館所蔵吉田文庫中的道教文献 『上海道教』2013-2,総第95期. 2013.06; (95): 55-58.

  • 松下 道信. 三教交渉論、そしてその先へ 『東方宗教』. 2007.06; (109): 98-105.

  • 松下 道信. 「茅山中国道教文化研討会」報告記 『東方宗教』. 2002.11; (100): 100-106.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松下道信. 妙見神・真武神像の関係について —吉田神道との関係を中心に—(妙見神与真武神像之間的関係簡見). 東アジアの視点から見る宗教と伝統文化の研究への回顧と展望(东亚视角下的宗教与传统文化研究回顾与展望) 2017.11 中国北京市

  • 松下道信. 孤陰考―内丹道における陰陽派の存在について―. 日本道教学会第六十六回大会 (於東洋大学) 2015.11 東洋大学

  • 松下 道信. 日本における道教史の諸問題について―「新道教」の位置づけをめぐって―. 道教史の新たな展望 2015.03 三重県伊勢市(皇學館大学)

  • 松下 道信. 浅談道教影響下吉田神道的内丹学説的作用. 多元信仰下的全真道国際学術研討会 2014.08 中国山東省棲霞市

  • 松下 道信. 円明老人『上乗修真三要』について. 第15回 遼金西夏史研究会大会 2014.03

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 漢文学講読Ⅰ, 2007年 - 現在

  • 外国語Ⅱ, 2007年 - 現在

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 神道と北斗信仰, 近鉄文化サロン, 皇學館大学共催講座, 大阪近鉄文化サロン阿倍野, 2018年07月

  • 公開講座「道教文献を読む―『悟真篇』の世界―」 , 近鉄文化サロン, 皇學館大学共催講座, 近鉄文化サロン阿倍野, 2016年06月

  • 公開講座「丘処機『西遊記』を読む―チンギス・ハーンと会った道士―」, 皇學館大学, 月例文化講座, 皇學館大学, 2015年11月

  • 公開講座「『荘子』を読む」, 近鉄文化サロン, 皇學館大学共催講座, 2015年10月

  • 公開講座「老子伝を読む」, 近鉄文化サロン, 皇學館大学共催講座, 2015年06月

全件表示 >>