基本情報

写真a

近藤 玲介(コンドウ レイスケ)

KONDO Reisuke


職名

准教授

研究分野・キーワード

ルミネッセンス年代測定、発達史地形学、古環境、北日本、第四紀

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(地理学)  明治大学

学内経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    皇學館大学 教育開発センター 准教授

学外経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    明治大学 文学部 助手
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    日本大学 生物資源科学部 非常勤講師
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    日本大学 生物資源科学部 非常勤講師
  • 2009年04月
    -
    現在
    日本大学 文理学部 客員研究員
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    独立行政法人 産業技術総合研究所 地質情報研究部門 研究員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 第四紀学

  • 自然地理学

  • ルミネッセンス年代測定学

  • 発達史地形学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sumiko Tsukamoto, Reisuke Kondo, Tobias Lauer, Mayank Jain. Pulsed IRSL: A stable and fast bleaching luminescence signal from feldspar for dating Quaternary sediments Quaternary Geochronology. 2017.06; 41 26-36.

  • S. P. Obrochta , T. Andren, S. Z. Fazekas, B. C. Lougheed, I. Snowball , Y. Yokoyama, Y. Miyairi, R. Kondo, A. T. Kotilainen, O. Hyttinen, and A. Feh. The undatables: Quantifying uncertainty in a highly expanded Late Glacial-Holocene sediment sequence recovered from the deepest Baltic Sea basin—IODP Site M0063 Geochemistry, Geophysics, Geosystems. 2017.03; 18 (3): 851-871.

  • 矢野 梓水, 百原 新, 紀藤 典夫, 近藤 玲介, 井上 京, 冨士田 裕子. 大型植物遺体に基づく北海道北部猿払川丸山湿原の後期完新世植生変遷 利尻研究. 2016.03; 35 83-91.

  • 佐藤雅彦・松本英宣・大石善隆・近藤玲介. 利尻島南部,ギボシ沼の自然誌 利尻研究. 2015.03; (34): 45-59.

  • 近藤玲介・佐藤雅彦・宮入陽介・松崎浩之. 利尻島,ギボシ沼割れ目火口におけるAMS14C年代 利尻研究. 2015.03; (34): 61-66.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 近藤玲介. 「 狭山神社ピットの光ルミネッセンス年代測定 」(文部科学省・東京大学地震研究所編 立川断層帯における重点的な調査観測 平成24~26年度 成果報告書). 文部科学省研究開発局・国立大学法人東京大学地震研究所, 2017.05

  • 近藤玲介. 「志摩の自然環境 :志摩半島の地形 」(志摩市編『里海ガイド養成テキスト「おとっしゃよ~!志摩!!」』). 志摩市里海推進室, 2017.03

  • 佐藤雅彦,近藤玲介,百原 新・西内李佳・紺野美樹・五十嵐八枝子・重野聖之・長井雅史・小杉和樹・遠藤邦彦・入野智久. 利尻島の湿原の生態系保全と自然史教育のための環境史・植生史に関する研究―ボーリング調査で探る南浜湿原の生い立ち―. プロ・ナトゥーラ・ファンド助成成果報告書 第21期,自然保護助成基金, 2013.10

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 遠藤邦彦・堀 伸三郎・石綿しげ子・須貝俊彦・鈴木毅彦・上杉 陽・大里重人・杉中佑輔・近藤玲介・佐藤明夫・竹村貴人. ボーリング資料を活用した東京台地部の中・後期更新世地質断面の再検討. 日本第四紀学会2017年大会 2017.08 福岡県

  • 嵯峨山 積・近藤玲介・重野 聖之・百原 新・冨士田 裕子. 北海道北部猿払村の沖積層コアの珪藻分析. 2017年度日本地質学会北海道支部例会 2017.06 北海道

  • 横田彰宏・近藤玲介・重野 聖之・金丸龍夫・右代啓視・冨士田裕子. 北海道北部,頓別平野における樽前火山起源のテフラ. 日本地球惑星科学連合2017年大会 2017.05 千葉県

  • 嵯峨山 積・近藤玲介・重野聖之・百原 新・冨士田裕子. 珪藻分析による北海道北部猿払村の沖積層コアの検討. 第64回日本生態学会大会 2017.03 早稲田大学(東京都)

  • 近藤玲介,横田彰宏,重野聖之. 中期更新世~完新世の猿払川湿原周辺における地形発達史と編年. 第64回日本生態学会大会 2017.03 早稲田大学(東京都)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会第31回大会優秀発表賞, 日本植生史学会, 2016年11月

  • 日本第四紀学会2013年大会ポスター賞(若手部門), 2013年08月

  • 日本第四紀学会2012年大会ポスター賞(若手部門), 2012年08月

  • 日本第四紀学会2011年大会ポスター賞(若手部門), 2011年08月

  • 日本地理学会「特別賞」(共同受賞;対象団体:寒冷地形談話会), 2010年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日本列島のリアス海岸における中期更新世海成段丘の高分解能地形面編年

    科研費 基盤研究(C), 2017年04月 - 2020年03月

  • 泥炭ウイグルマッチング法を用いた第四紀テフラの高精度年代決定

    科研費 基盤研究(C), 2017年04月 - 2020年03月

  • 定住自立と自然災害に関する領域横断データによる「伊勢志摩共生マップ」の構築

    科研費 基盤研究(C), 2016年04月 - 2019年03月

  • 北海道北部猿払川流域の湿原群の地形発達史と植生変遷

    科研費 基盤研究(B), 2015年04月 - 2018年03月

  • 北日本における中期更新世以降に形成された海成段丘面の高分解能編年

    科研費 若手研究(B), 2014年04月 - 2017年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 伊勢志摩共生学実習B, 2017年 - 現在

  • 伊勢志摩共生学実習C, 2017年 - 現在

  • 伊勢志摩定住自立圏共生学, 2016年 - 現在

  • 伊勢志摩共生学実習A, 2016年 - 現在

  • 伊勢志摩定住自立圏共生学III, 2016年

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 環境地学実験I, 日本大学文理学部

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 中央構造線フィールドワークガイドブック 「いにしえの大地のいとなみを体感する旅」 H29年度伊勢高校SSHテキスト, 2017年08月

  • 浜頓別高校地学巡検資料(H29年度 科研費研究成果事業), 2017年07月

  • 浜頓別高校地学巡検資料(H28年度 科研費研究成果事業), 2016年07月

  • 「地層の剥ぎ取り方法」, 2008年11月 - 現在

  • 「多数の火山噴火を記録する露頭」, 2008年11月 - 現在

 
 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会

  • 日本地質学会

  • 日本地理学会

  • 東京地学協会

  • 日本第四紀学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    現在
    COC+ 第1分科会(高等教育機関マネジメント分科会), 委員
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    日本地理学会, 総務委員
  • 2010年08月
    -
    2011年07月
    日本第四紀学会, 選挙管理委員長
  • 2009年08月
    -
    2010年07月
    日本第四紀学会, 選挙管理委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • H29年度COCシンポジウム「伊勢志摩で共に暮らし続けることのミライを考えあうシンポジウム」, 2017年09月

  • H29年度浜頓別町教育委員会事業「現地見学会及び科学実験教室」, 2017年08月

  • 北海道立浜頓別高等学校 野外巡検 (H29年度科研費成果還元事業として), 2017年07月

  • 「里海講座」講師(一般社団法人 伊勢志摩里海学舎), 2016年12月

  • H28年度皇學館大学月例文化講座「お伊勢さんと豊かな海・山」, 2016年11月

全件表示 >>