基本情報

写真a

玉田 貴裕(タマダ タカヒロ)

TAMADA Takahiro


職名

助教

生年

1986年

研究室住所

三重県伊勢市神田久志本町1704

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

英語学、歴史言語学、英語史、文法化、言語変化、生成文法、史的統語論

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 文学部 人文学科 2009年03月 卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 文学研究科 人文学専攻 修士課程 2011年03月 修了

  • 名古屋大学 文学研究科 人文学専攻 博士課程 2015年03月 単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(文学)  名古屋大学

  • 修士(文学)  名古屋大学

学内経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    皇學館大学 文学部 コミュニケーション学科 助教

学外経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2015年03月
    愛知工業大学 非常勤講師
  • 2012年09月
    -
    2014年03月
    日本聴能言語福祉学院 義肢装具学科 非常勤講師
  • 2012年10月
    -
    2013年03月
    名古屋学院大学 非常勤講師
  • 2013年04月
    -
    2015年03月
    中部大学 非常勤講師
  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    愛知淑徳大学 外国語教育部門 講師

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 英語学

  • 言語学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Takahiro Tamada, Ryoichi Kondo. A Unified Account of Mad Magazine Sentences and Non-canonical Types of How Come Construction in English JELS 38. 2021.02; 236-240.

  • 玉田貴裕. 動詞・不変化詞構文の発達について 言語変化—動機とメカニズム— . 2013.04; 67-78.

  • Takahiro Tamada. On Backward Binding and Psych Verbs Linguistics and Philology. 2013.01; 32 109-120.

  • Takahiro Tamada. A Synchronic and Diachronic Study of Verb-Particle Constructions 修士論文. 2011.03;

  • Takahiro Tamada. The Derivation of Verb-Particle Constructions Linguistics and Philology. 2011.01; 30 197-214.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 中野弘三,服部義弘,小野隆啓,西原哲雄(監修) . 最新英語学・言語学用語辞典. 開拓社, 2015.11 (ISBN : 978-4-7589-2215-9)

Misc 【 表示 / 非表示

  • 近藤 亮一, 玉田 貴裕. 英語史におけるHow Come構文の起源と発達について JELS. 2020.02; (37): 72-78.

  • 玉田貴裕. 目標は言語の生得的特性の解明! 月刊名大文学部. 2014.03; (49):

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 玉田貴裕、ディチェロ・チェロ. 多読実践後の英文読書に対する態度について. JALT PanSIG 2021 2021.05 オンライン

  • Takahiro Tamada, Ryoichi Kondo. A Unified Account of Mad Magazine Sentences and Non-canonical Types of How Come Construction in English. ELSJ 13th International Spring Forum 2020 2020.05 Kansai University

  • 玉田貴裕. 英語史における結果構文の発達について. 日本英文学会東北支部第74回大会 2019.11 東北学院大学

  • 近藤亮一,玉田貴裕. 英語史におけるHow come構文の起源と発達について. 日本英語学会第37回大会 2019.11 関西学院大学

  • 玉田貴裕. 動詞不変化詞構文と結果構文の発達について. 第四回史的英語学研究会 2017.08 秋田工業高等専門学校

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 専門演習Ⅰ, 2021年 - 現在

  • 専門演習Ⅱ, 2021年 - 現在

  • プロジェクト研究Ⅱ(コミ) , 2020年 - 現在

  • 英語学概論Ⅱ, 2020年 - 現在

  • 英文法Ⅰ, 2020年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • Basic English 1, 愛知淑徳大学

  • Basic English 2, 愛知淑徳大学

  • English 1, 愛知淑徳大学

  • English 2, 愛知淑徳大学

  • English 3, 愛知淑徳大学

全件表示 >>

 
 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 近代英語協会

  • 日本英語学会

  • 日本英文学会

  • 名古屋大学英文学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在
    日本英文学会中部支部 , 編集委員長
  • 2019年04月
    -
    2021年03月
    日本英文学会中部支部, 編集委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 言語の違いが物事の捉え方に及ぼす影響, 皇學館大学, 月例文化講座, オンデマンド, 2021年08月