基本情報

写真a

塩川 哲朗(シオカワ テツロウ)

SHIOKAWA Tetsuro


職名

准教授

研究室住所

三重県伊勢市神田久志本町1704

ホームページ

http://kenkyu.kogakkan-u.ac.jp/shinto/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京外国語大学 外国語学部 欧米第二課程 フランス語専攻 2006年03月 卒業 文学士

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 國學院大學 文学研究科 神道学・宗教学専攻 修士課程 2012年04月01日 入学 2014年03月 修了

  • 國學院大學 文学研究科 神道学・宗教学専攻 博士課程 2015年04月01日 入学 2018年03月 修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 宗教学  國學院大學

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 古代神祇史

  • 神道史

  • 祭祀

  • 神道古典

  • 古代神祇制度

全件表示 >>

学内経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月 - 2023年03月 皇學館大学 研究開発推進センター 神道研究所 助教
  • 2023年04月 - 現在 皇學館大学 研究開発推進センター 神道研究所 准教授

学外経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月 - 2016年03月 國學院大學 研究開発推進機構 校史・学術資産研究センター 臨時雇員
  • 2016年04月 - 2017年03月 國學院大學 研究開発推進機構 校史・学術資産研究センター 研究補助員
  • 2017年03月 宮内庁 書陵部 臨時事務補佐員
  • 2018年04月 - 2020年03月 國學院大學 研究開発推進機構 学術資料センター(神道資料館部門) PD研究員
  • 2018年06月 - 2019年03月 國學院大學 研究開発推進機構 校史・学術資産研究センター PD研究員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 宗教学神道史

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 塩川哲朗. 古代神宮三節祭と日別朝夕大御饌祭 瑞垣. 2023.06 ; ( 255 ): 9-23.記述言語:日本語.

  • 塩川哲朗. 大嘗祭の基本構造とその形成・成立 日本書紀研究. 2022.05 ; 34 173-216.記述言語:日本語.

  • 塩川哲朗. 古代の神宮祭祀と災害 皇學館大学創立百四十周年・再興六十周年記念 皇學論纂. 2022.03 ; 253-283.記述言語:日本語.

  • 塩川哲朗. 別宮への幣帛奉献について 皇學館大学研究開発推進センター紀要. 2022.03 ; ( 8 ): 19-33.記述言語:日本語.

  • 塩川哲朗. 神社・信仰・生活と自然災害伝承―「延喜式内社(太平洋・瀬戸内海岸)自然災害伝承データベース」の概要と分析― 國學院大學研究開発推進センター研究紀要. 2021.03 ; ( 15 ): 463-505.記述言語:英語.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 岡田莊司,笹生衛,加瀬直弥,大東敬明,吉永博彰,塩川哲朗,木村大樹,髙野裕基,水谷類 他. 神道の祭りと歴史. 2023.03 記述言語:日本語

  • 佐野真人,塩川哲朗. 伊勢神宮未公刊資料集. 2023.02 記述言語:日本語

  • 岡田莊司,笹生衛,大東敬明,吉永博彰,塩川哲朗,木村大樹. 企画展「大嘗祭」図録. 國學院大學博物館, 2019.11 記述言語:日本語

  • 塩川哲朗. 真福寺善本叢刊<第三期>神道篇 (1) 神道古典. 臨川書店, 2019.09 『太神宮諸雑事記』第1巻及び『諸道勘文〔長寛勘文〕』の翻刻 (ISBN : 978-4-653-04471-0 ) 記述言語:日本語

  • 塩川哲朗. 事典 古代の祭祀と年中行事. 吉川弘文館, 2019.01 口絵解説、祈年祭、平岡祭、率川祭、鎮花祭、平野祭、平野臨時祭、大神祭、山科祭、松尾祭、杜本祭、当麻祭、鎮魂祭、神社行幸、『神祇官年中行事』解題・翻刻、祭祀関係用語集、年表、参考図書一覧 (ISBN : 9784642014786 ) 記述言語:日本語

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 塩川哲朗. 皇太神宮儀式帳・倭姫命世記(解説) 企画展 祓―儀礼と思想―. 2023.05 ; 15-16.記述言語:日本語  

  • 塩川哲朗. 木村大樹著『古代天皇祭祀の研究』 神道宗教. 2023.01 ; ( 269 ): 159-166. 筆頭著者 記述言語:日本語  

  • 塩川哲朗. 小倉慈司著『古代律令国家と神祇行政』 皇學館論叢. 2022.07 ; 55 ( 2 ): 44-57.記述言語:日本語  

  • 塩川哲朗. 伊勢神宮における四季の祭り 四季の祭りと神道の歴史. 2020.02 ; 12-13.記述言語:日本語  

  • 塩川哲朗. 節会・大饗 神社新報. 2019.11 ; ( 3470 ): 記述言語:日本語  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 塩川哲朗. 日本における即位儀礼―大嘗祭を中心に―. 神道宗教学会第3回例会「日本・フランス君主即位儀礼の比較研究に向けて」 2023年12月09日

    記述言語:日本語  

  • 塩川哲朗. 伊勢と出雲の祭祀構造. 「出雲と伊勢」第5回検討会 2022年10月01日 島根県古代文化センター

    記述言語:日本語  

  • 塩川哲朗. 外宮御饌殿祭祀の位置付け. 「出雲と伊勢」第2回検討会 2021年02月05日 島根県埋蔵文化財調査センター(オンライン開催)

    記述言語:日本語  

  • 塩川哲朗. 大嘗祭の基本構造とその形成・成立. 日本書紀研究会 11月例会 2020年11月21日

    記述言語:日本語  

  • 笹生衛,塩川哲朗. 遺体と葬送・墳墓・祭祀に関するデータベース作成. 「出ユーラシアの統合的人類史学:文明創出メカニズムの解明」第2回全体会議 2020年01月11日 南山大学

    記述言語:日本語  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 神道宗教学会賞, 神道宗教学会, 2019年12月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 古代天照大神祭祀の構造―伊勢神宮祭祀の実態を中心に―

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金 日本学術振興会: 科学研究費助成事業, 2023年04月 - 2026年03月

  • 古代伊勢神宮に関する未公刊史料を活用した基礎的研究

    日本学術振興会 基盤研究(C): 科学研究費助成事業, 2021年04月 - 2024年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 学部専門科目, 神宮史Ⅰ, 2022年 - 現在

  • 学部専門科目, 日本文化概説Ⅰ, 2021年 - 現在

  • 学部専門科目, 皇室概説, 2021年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 学部教養科目, 神道と文化, 2019年4月 - 2020年03月

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 私大連 令和3年度FD推進 ワークショップ(新任専任教員向け), 2021年08月

 

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 神道研究所夏休み子ども講座「皇室について」 , 2023年08月

  • 神道研究所夏休み子ども講座「神社ってなあに?」 , 2022年08月

  • 企画展「大嘗祭」, 2019年11月 - 2019年12月

  • 企画展「列島の祈り―祈年祭・新嘗祭・大嘗祭―」, 2018年11月 - 2019年01月

  • 企画展 「祭祀と神話―神道入門―」, 2017年02月 - 2017年04月

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本書紀研究会

  • 史学会

  • 神道史学会

  • 神道宗教学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月 - 現在 神道史学会, 委員
  • 2015年05月 - 2020年03月 神道宗教学会, 研究幹事

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 伊勢神宮と海の恵み, 斎宮歴史博物館, 令和5年度特別展「海の祈り―海浜の神社と伊勢神宮―」記念講演会, 2023年11月

  • 古代における伊勢と出雲の祭り, 島根県立古代出雲歴史博物館, 企画展「伊勢と出雲」関連講座, 2023年10月

  • 神宮実習講義(神宮祭祀概論・丙「神宮の創祀と祭祀」) , 神社本庁, 2023年08月

  • 伊勢神宮の創祀と祭り, 神田神社, 「神道・神社の信仰とその歴史4」第4回, 2023年07月

  • 神宮実習講義(神宮祭祀概論・丙「神宮の創祀と祭祀」), 神社本庁, 2022年08月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 陰日向の人々の思ひが重なって, 執筆者:本人, 神社新報社, 神社新報, 第3516号 4面, 2020年11月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 神道史学会第68回学術大会「神道史研究の歩み―回顧と展望―」座長(前半)

    神道史学会  ( 皇學館大学 ) 2022年06月

  • 神道宗教学会第73回学術大会研究発表第1部会(午前)司会

    神道宗教学会  ( 國學院大學 ) 2019年12月